滋賀県草津市 草津焼

淡海陶芸研究所 開設35周年工房展のお知らせ



35年前、淡海陶芸研究所として誕生し、草津市指定ブランド「草津焼」として
皆様に支えられてきました。
コロナ禍の中ですが、これを機会に「真夏の開けっ広げ工房展」を開催いたします。
工房展ならではの様々な器、作品の数々をご覧頂けます。
※感染症対策のため、ご来所時、手指の消毒とご記名をお願いいたします。

草津焼 淡海陶芸研究所

淡海陶芸研究所は、草津市の文化ゾーン、立命館大学びわこ草津キャンパスやしずかな住宅地近くの里山のなかにあります。

この丘陵一帯で7世紀後半から8世紀前半まで、須恵器が焼かれていました。
1985年開窯以来1997年に草津市から「草津焼」として第1期の指定ブランド受け、今、この地の土を使い、この地の工人が、この地でつくっています。淡海陶芸研究所
陶磁器科職業訓練指導員免許を有する代表の山元義宣をはじめ、個人から30名以上でも可能な陶芸講座、教育機関や自治会組織への支援、陶芸を職業として目指す人のための訓練など陶芸に関してのすべての受け皿になれるよう日々励んでいます。

車椅子でのご利用も出来ます、作品をご覧いただけるギャラリー「マイルストーン」も併設しています。お気軽にお立ち寄りください。

陶芸に関する講座開設は随時受け付けいたします。
個別についてはメールなどでお問い合わせください。
kusatsu@ohmitogei.com

不定休 10:00~18:00  陶芸講座 月、木 19:30~22:00

地図と工房案内


画像内をスクロールすると工房内を探検できます                      大きな地図で見る

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
2020年8月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
PAGETOP
Copyright © 淡海陶芸研究所 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.