10月31日~11月3日までの4日間の工房展、たくさんの方々に御来所いただきました。今後も新たな心構えで淡海陶芸研究所・草津焼を深めていきたいと思います、ありがとうございました。

今年が工房にとって30年であって、何か出来ないかと考えてきました。昨年から西洋系東洋系外国人の方の来所や買い付けが増えてきました、彼らはスカイプを情報伝達として使います。しっかり見て触れ、作品の組み立てをします。

わが工房は、「画像」になる展示をしてるのか。作品を手に取れるような展示をしてるのか。展示台の近くにスペースを用意してあるか。パンフレットは外国語か。これらの基本的なことが全て出来ていませんでした。

今回「魅せる工房」ということで小規模事業者持続化補助金の採択を受けました。採択を受けなくてもやるべき事柄で、10月の段階で全ての経費支払いを終えることが出来ました。

今後、器という機能を持ったジャンルでもっと機能化させる、作品化させる、特異化させる、に取り組みます。何処にもない、それなりの宝物のような、探し出す魅力のある、器、作品創りに精魂を傾けて参ります。

皆様のご支援、ご便宜、ご厚情に感謝致します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA